道産子の赤黒サッカーノート

北海道コンサドーレ札幌のことを中心に、よもやま話も混ぜていきます。

【J1リーグ2019シーズン第13節】北海道コンサドーレ札幌vsガンバ大阪 マッチレポート ~俺の知ってるガンバと違う~

f:id:katoooooooow:20190529023416j:plain
 出張のため宮城へ行っていたため久々のディレイ視聴となった。仕事帰り、世の中からの情報を遮断。ローカル線に揺られながらDAZNを視聴する。亦、楽しからずや。
 ガンバ大阪というチームには、札幌ドームでなかなか勝てていない。これは少しばかり嫌な記録だ。
 ガンバはというと、前節では大阪ダービーでピンクの大阪に勝利を収めた。自信を取り戻した青黒のチームと宮本恒靖監督を札幌ドームに迎え入れることになる。

ゆるりと入った赤黒。どこか硬派な青黒。


 両チームスタメンは以下の通り。コンサドーレはルーカス・中野の位置関係が少し新鮮。ガンバは前節と同じスターティングイレブン。



 前半の入り。コンサドーレはどこか緩く試合に入ったように見えた。奪取後のボールをすぐに失う、するするとペナルティエリア付近までの侵入を許す。
 対してガンバは、トランジションにおいては周囲数名がタイトな対応をしながら、全体では帰陣をスピーディに行う。低めにブロックを築き、コンサドーレには最深部への侵入を許さない。
 コンサドーレが緩く見えたのは、ガンバの守備意識の高さもあったかと思うし、同時に技術面での稚拙さを露わにされた局面もあった。その中で、ガンバがボールを前に進めることが出来たのは、コンサドーレもまた、シーズン当初の何が何でも前線で奪取することよりも、リスク管理をしながら帰陣する人数比率が高まったことによる必然だったのだろう。
 コンサドーレは守備時の配置をAWAY浦和戦と似たような形で対応する。チャナティップがアンカーの位置にいる矢島をマーク。シャドー位置に入った武蔵&ルーカスが、前線に残り、ガンバの3バックのうち中央三浦以外の2枚に対応する。後方はミンテを余らせる以外はきっちりとハマる。守備の開始位置は若干浦和戦よりも低め(意図通りかどうかは不明)。浦和戦と異なったのは、アンロペとルーカスの持つ個性、特長の違い。
 おそらく、前節からメンバーと配置をほぼ変えていないガンバの宮本恒靖監督は、コンサドーレが浦和戦で持った狙いをある程度再現してくると読んできたはず。そうなると、コンサドーレのボール奪取の狙いどころはアウトサイド。今回の試合だと菅と中野のところになる。ボールを迂回させる過程で、ある程度ハマった対応関係から守備は思い切りよく奪取にパワーをかけることが出来る。

縦パスのクオリティ~福森vs矢島~

 ”vs”と書いたが、この二人が直接やり合うわけではない。
 先述した通り、コンサドーレのボール奪取の狙いどころは外。となると、ガンバとしてはその狙いには乗りたくない。ファンウィジョとアデミウソンはここのところゴールがないとは言うものの、そのクオリティは高く、中央にはその二人に関与しながら自らゴールに迫れる倉田。序盤、ガンバの攻撃のタクトを振ったのは矢島だが、矢島はその3人+攻守でプレー範囲の広い高江を目がけ守備側のギャップを突く縦パスを効果的に交えていく。
 逆にコンサドーレは奪取後の速攻の判断をキャンセルした後は、帰陣したガンバ選手は強くユニットを組んだプレスを展開することも少なく、ハーフコートゲームを展開することができた。とはいえ、ガンバ側からすると想定内。意図的にアウトサイド(菅&中野)へボールを誘導した。
 中央を塞がれ横パスが増える展開。相手をスライドさせながら、それでもサイドにプレスがかかるパワーを軽減させたのは、福森から入る前線への縦パスだった。引っ掛かったら狙い通りのカウンターを受けることになる場面も多々あったが、その精度でのチャレンジならばリスクよりも得られるメリットの方が大きいように思えた。
 ガンバは矢島がゲームメイクを縦パスならば、福森はコンサドーレの攻撃にアクセントをつける働きをもたらしたと言える。福森にはいつも世話になっております。

23番を背負うイケメンの宿命~中野、爽やか若頭福西説の提唱~


この段落には大した意味がないので、ナンセンスが苦手な方は次項へどうぞ。
 
赤黒の背番号23。爽やか系イケメン(諸説あり)。ベガルタ仙台から今季よりコンサドーレに加入した男、中野嘉大のことである。前半5分ごろのことだっただろうか。彼のプレーを見ていて、1人の男が思い浮かんだ。
 背番号23。爽やか系イケメン。FIFA19では試合中解説で結構辛辣なことを気軽に言ってくる。元日本代表MF。福西崇史のことである。
 この福西崇史という男、巷ではよく知られた畜生プレイヤーである。良いように言うと、相手の嫌なことを理解し突いていく。その過程で少しばかり手荒な真似をすることもある。しかし何故か警告が少ない。ラフプレーの後の笑顔。コメントを見る限り、猪突猛進系プレイヤーではなく、知能派の雰囲気が強い。謎多きプレイヤーである。(個人的には歴代日本代表ベストイレブンに必ず入れたい選手)
twitter.com
 そんな福西の幻影を中野に見たのは、彼が対面するガンバ福田とのファーストコンタクトの際。遅れ気味だが後ろからチャージ。もちろん判定はファウルだが、怪我するようなやり方ではない。思い返して確認すると、中野はルヴァンでも序盤のコンタクトはがっつり行ってファウル。
 かつて、インタビューにて福西は「ファーストプレーはガツンと行く」的なことを非常にやんわりとした表現で発言していた。要は、試合序盤で対面する相手に対しての駆け引きであり、どのくらいの強度でファウルになるのかも確認をしているとのこと。
 コンサドーレの中では、深井もよくやることではあるのだが、背番号繋がりでどうしても中野→福西の連想が入ってしまった。 ちなみに、この試合の中で中野のプレーは非常に効果的だった。サイドを狙いどころとしたガンバに対し、中野はほとんどの場面でボールを失わない。右利きの右WBということで、縦方向へのボールコントロールがしやすい中、上手く縦方向への牽制をしながら内側への運ぶドリブルもできる。これにより、ガンバ守備陣はスライドが間に合わない距離感になるまで右サイドへ寄せ付けられることになる。形もやり方も見え方も違うが、アンロペが担っていた”相手が飛び込めない前向きのボール保持”を実現していたように思える。

↑福西っぽいなあ、というリプライ。
 

狙われたのはキャプテン宮澤

 前半途中、宮澤が接触プレーにより膝~大腿のあたりを負傷。荒野が前半からウォーミングアップのペースを上げる。
 プレー状態を見た上で、チームは宮澤を代えないことを選択するが、そこからのキャプテンは明らかに精彩を欠いた。そして、J1はそうした不安要素を放置してくれるほど甘くはなかった。撤退守備を敷く過程であまりプレスをかける対象とされていなかった宮澤に対し、2トップのうち1枚が下りることで中盤で負荷を与える。結果としては、宮澤からボールを失うこと数回。前半での負傷に関してはベンチのジャッジが非常に難しい。ボールロストはあったにせよ、それでも宮澤の代役はいない。バランスが変化してしまうことへの対策を選手にインプットする前の交代は避けたい意図が強かったように思える。
 後半途中から入った荒野。一時渡されたキャプテンマークは福森に託し、ルヴァンカップに続くキャプテンアラーノを見ることはできず。本来はスペースあるオープンな局面を駆け回り落ち着かせない側の選手のはずだが、試合を安定させる役割に徹する。その中で、低い位置からボールを持ち出すらしさも出しながら、やっぱり荒野はボランチだなと思わせるプレーぶりだったと思う。そろそろスーパー荒野ゲージは溜まってきたのだろうか。


王の帰還 恒靖の見立て

 明らかにジェイのコンディションは万全ではなく、それはベンチが設定したプレー時間からも窺えた。同時に、ジェイが入ることによってコンサドーレの他選手が肩代わりする負荷、生じる歪みは開幕戦にて確認されている。
 ジェイの交代準備を確認したタイミングで食野、今野の2選手の投入を決めたことを見るに、ガンバ側からもこの時点でジェイはそこまでの脅威とは捉えていないように思える。
 ジェイがベストコンディションであったなら、高さ&強さを期待できるキムヨングォンを投入した上で食野投入としたのではなかろうか。

最後に

 決定機は作ることが出来たものの、無得点の試合が続く。守備についても、ミンテの守備対応により被枠内シュート自体は少なかったが、紙一重ではある。
 ガンバの守備は確かに堅固で粘り強いものだったし、徹底したカウンター狙いの姿勢は勝利への意志を感じるものだった。自分の知ってるガンバ像とはだいぶ違ったものの、このスタイルが完成形ではないのだろう。
 負傷者が出ている中での試合とはいえ、まだまだ、コンサドーレのサッカーは成長過程なのだと思う。挑戦者の姿勢で地道に上り詰めていくしかない。チャナティップだってまだまだ相手にとって怖い選手になりうる。チームとしても、もっと強かさが付いてくるように思う。
 次節に向けて。HOMEサンフレッチェ戦というと昨シーズンは最終節、”あの”試合である。そして、奇縁としか言えない関係がまたひとつ生じることとなった。


 今後は怪我人が復帰もするだろうし、逆に離脱者も出てくるかもしれない。どんなメンバーが出てもやれるんだというところ、スタメンをそのまま奪っていくようなパフォーマンスをサブメンバーには期待したい。個人的には、ジェイとの組み合わせとしては檀崎あたりゴール前ワンタッチで点が取れる選手が活躍するのではないかと。

 6月1日に迫ったサンフレッチェ戦はというと、Hard Rock Japan協賛によりハーフタイムにMIYAVIがパフォーマンスを行う。 朝のスッキリ!でゲスト出演すること数回、そして夜中のスーパーサッカーではハイライトBGMとして楽曲を使用。MIYAVIはコンサドーレサポーターとして知られる加藤浩次の近くに何故かよく現れる。世界規模で活躍しているアーティストなので、ぜひ予習をして「あ、この曲MIYAVIだったのね」状態でスタジアムに行くことをおすすめする。スーパーサッカー見ていたら、おそらく覚えのある曲のはず。
youtu.be
youtu.be
youtu.be

 個人的には、この曲が一番好き。歌詞も、何となくコンサドーレっぽい。 KREVAと若かりし野々村社長の顔と声質が何となく似ていると思っていた。ドームで野々村社長がKREVA役やってくれるのを楽しみにしている。
youtu.be